英会話教材コラム

勉強が苦手な人はここから始めよう。音楽を使った英語学習

182435

英語の上達に欠かせないスキルの1つに、「リスニングスキルの強化」があります。どんなに文法が完璧でも、英語を聞き取ることができなければ、ネイティブ相手にコミュニケーションをとることは難しくなってしまうからです。

そこで今回は、日本人が苦手とする分野でもある「リスニングスキル」の強化に効果的な、「音楽を使った英語学習」について紹介します。この方法なら、勉強が苦手な人でも楽しんで学習できるはずなので、ぜひチェックしてみてください。
音楽を使った英語学習のメリット

音楽を使った英語学習の一番のメリットは、何と言っても楽しんで学習ができるということです。「机に向かって参考書を読むのが苦手」という人でも、好きな音楽を使った学習であれば、ストレスなく学習を続けることができるのではないでしょうか。ほかにも、音楽を使った英語学習には、以下のようなメリットがあります。

・発音のお手本になる
テキストを問いて英語学習をするのとは異なり、洋楽は発音のお手本としても優秀な教材です。英単語を注意して拾っていくことで、自然とリスニングのスキルも身に付いていきます。

・リエゾンの音を理解できる
「Don’t you understand?」を「ドンチューアンダスタンド」と発音するように、英語では単語と単語が繋がって発音されることがあります。このような現象は「リエゾン」と呼ばれています。
特に歌では、リエゾンが多用されているため、繰り返し聴くことで英語独特のリズムを身に付けることが可能になるでしょう。

・反復学習が苦にならない
テキストを何度も読み返すのは苦痛でも、音楽なら繰り返し聴くことができる人は多いのではないでしょうか? 英語に必要な「反復学習」を無理なく続けられるのも、音楽を使った学習方法のメリットです。

・気軽にアウトプットできる
自分から機会を作らなければ、覚えた英会話を話すタイミングはなかなかありませんが、洋楽ならカラオケで歌ったり、自宅で口ずさんだり、気軽に声に出すことができます。
音楽を使った英語学習の方法

音楽を使って英語の勉強をする際には、いくつかのポイントを押さえると学習効果がさらに高まります。具体的な方法について見ていきましょう。

・自分が好きな曲を探す
最初は、スローテンポなバラードがおすすめです。できるだけスラング(俗語)などが使われていない歌を選びましょう。

・繰り返し聴いて音を覚える
歌詞カードを見ずに、耳から聴こえた音をそのまま覚えましょう。最初から全て聴き取れなくとも、繰り返し聴いていくことで、徐々に分かる音が増えていくはずです。

・覚えた歌を口ずさみながら、書き出す
覚えた歌を実際に口ずさんでみましょう。何となく歌えるようになったら、歌詞を紙に書き出してみます。

・歌詞カードを見る
ここではじめて歌詞カードの登場です。自分が書き出した歌と、歌詞カードの内容を比べてみましょう。違う部分があった場合には、もう一度歌詞カードを見ながら歌を聴いてみましょう。

・知らない単語を調べて、繰り返し聴く
最後に、知らない単語の意味を全て調べていきます。歌詞の意味を理解した上で、繰り返し聴いたり歌ったりします。スラスラと歌えるようになったら、新しい曲にもチャレンジしてみましょう。
好きな洋楽を聴いて英語スキルもアップできるなんて、これほど嬉しいことはありません。英語が苦手な人は、上記のポイントをしっかりと理解した上で、まずは洋楽を聴くことからはじめてみてはいかがでしょうか?

SALES TOP売れ筋No1はこちら!
  • 初心者用ランキング
    まずはここから始めてみましょう!当サイトがお勧めする、初心者用の英会話教材のランキングです。

    ランキングを見る

  • 話すランキング
    自分の口から英語を話せたら、どんなにいいでしょう。世界中の人たちと話せるようになりませんか?話す事に特化した英会話教材ランキングはこちら。

    ランキングを見る

  • 聞くランキング
    ネイティブな英語を聞いてみましょう!海外の映画やゲームを字幕なしで楽しめたら素敵ですよね。聞く事に特化した英会話教材ランキングはこちら。

    ランキングを見る

  • 子供用ランキング
    小さいうちから英語に触れさせて、英語を身近なものにしましょう!英会話教材なら、こんな価格で英語を学習できます。子供用ランキングはこちらです。

    ランキングを見る

英会話コラムColumn
体験レポート

リピーターさんのご参加や、多くの参加者の方にご紹介頂いています。