英会話教材コラム

日本人がリスニングを苦手とする原因

182435

英語を勉強している日本人が、最も苦手とすることの1つに「リスニング」があります。文法は完璧に理解しているし、文章を作ることもできるのに、英語を聞き取ることができないために、TOEICのスコアが伸びなかったり、ネイティブとの会話が上手くいかなかったりする人は少なくありません。

そこで今回は、日本人がリスニングを苦手とする原因と解決策について詳しく解説していきます。
日本人はなぜリスニングが苦手なの?

日本人が英語のリスニングを苦手とする主な理由は、次の3つです。

・授業が文法中心である
中学校から高等学校卒業までの6年間を見ても、文法を学ぶ時間と比べると、私たち日本人はリスニングやスピーキングにかける時間が、圧倒的に不足しています。せっかく英語を勉強しているにも関わらず、ネイティブの発音を聞く機会が少ないため、リスニングに対して苦手意識を持ってしまう人が多いようです。

・カタカナ英語の存在
ラッキー、ハッピー、オープン、スタート、シークレット、スクール、スイミング、マラソン……。日本では、膨大な数のカタカナ英語が、日常生活で普通に使われています。

ところが、私たちが使っているカタカナ英語というのは、英語の発音と異なるものがほとんど。そのため、実際にネイティブの英語を耳にしても、「Happy=ハッピー」と結びつかずに混乱してしまうというわけです。

・英語を日本語に変換してしまう
英語上級者は、耳から入って来た英語を頭の中で日本語に変換することなく、意味を理解します。ところが、リスニングを苦手としている人たちの多くは、英語を日本語に変換して意味を日本語で理解しようとしてしまうため、会話のスピードに追いつかなくなってしまうようです。
リスニングスキルをアップする方法

では、リスニングスキルをアップするには、どうしたら良いのでしょうか? 最も大切なことは、学校の授業で不足していた分を補うためにも、ネイティブの英語をできるだけたくさん耳にするということです。その具体的な方法は、以下の通りです。

・英語圏のドラマや映画を見る
洋画や海外ドラマを見ることは、ネイティブの生きた英語を学ぶための最も手軽な方法の1つです。近ごろは、パソコンで簡単に洋画や海外ドラマを視聴することができるので、自分の好きな時間を利用して、継続的にトレーニングができます。

・英会話カフェに行く
近ごろ人気の英会話カフェは、ネイティブを相手に会話をすることができるため、スピーキングスキルとリスニングスキルの両方を鍛えられます。場所によっては、レベルに応じてグループ分けされているところもあるので、自信のない人は初心者コースからスタートしてみましょう。

・英語のリスニング教材を使う
英語教材は、リスニングを鍛えることを目的として作られた教材なので、効果的にスキルを上げることが可能です。教材選びのポイントは、自分のレベルよりも少し簡単なものを選ぶのがおすすめ。

・ネイティブの友達を作る
SNSなどを活用したり、英語の話せる友だちに紹介してもらったりして、ネイティブの友だちを作るのも方法の1つです。ある程度英語力に自信のある人なら、外国人の方が多く集まるカフェやバーなどへ行ってみてはいかがでしょうか。

・留学する
リスニングスキルを鍛える上で究極の方法がこのやり方。英語しか話されていない環境に飛び込んでしまえば、個人差はあるものの1カ月程度でリスニングスキルを上げることができるはずです。
リスニングスキルを上げるための近道は、何と言っても英語に慣れること。上記を参考に、普段の生活の中に英語を聞く時間を少しでも多く取り入れていきましょう。

SALES TOP売れ筋No1はこちら!
  • 初心者用ランキング
    まずはここから始めてみましょう!当サイトがお勧めする、初心者用の英会話教材のランキングです。

    ランキングを見る

  • 話すランキング
    自分の口から英語を話せたら、どんなにいいでしょう。世界中の人たちと話せるようになりませんか?話す事に特化した英会話教材ランキングはこちら。

    ランキングを見る

  • 聞くランキング
    ネイティブな英語を聞いてみましょう!海外の映画やゲームを字幕なしで楽しめたら素敵ですよね。聞く事に特化した英会話教材ランキングはこちら。

    ランキングを見る

  • 子供用ランキング
    小さいうちから英語に触れさせて、英語を身近なものにしましょう!英会話教材なら、こんな価格で英語を学習できます。子供用ランキングはこちらです。

    ランキングを見る

英会話コラムColumn
体験レポート

リピーターさんのご参加や、多くの参加者の方にご紹介頂いています。