英会話教材コラム

みんなが英語を学ぶ理由って一体?

182435

グローバル社会が進み、「英語は話せて当然の時代」何てことを耳にする機会が増えてきました。皆さんの中には「自分も英語を勉強しなくては……」という、漠然とした焦りのような物を感じている人も多いのではないでしょうか?

とはいえ、何の目的もないまま英語を勉強することほど、効率の悪いことはありません。せっかく英語の勉強をするのなら、何を目標とするのか、身に付けた英語力をどのように活かしたいのかなど、英語を学ぶ理由や目的を明確にしておくのが大切です。

今回は、英語を学ぶ人たちが何を目的にしているのか、という点に注目してみましょう。
そもそも世界的に見た英語の使用人口は?

世界の「共通語」と言われている英語。実際のところ、世界的な英語の使用人口はどのぐらいなのでしょうか?

現在、英語が公用語、準公用語として使われているのは、54カ国だと言われています。ひと口に英語と言っても、アメリカ英語やイギリス英語、オーストラリア英語、インド英語など、さまざまな種類がありますが、これら全てをひとまとめにするとおよそ21億人が英語を使っていると言われます(2015年11月現在)。

これは、世界人口のおよそ30%に当たる数字ですが、残りの70%は英語以外の言語を使っていることを考えると、決して多い数字とは言えません。とはいえ、主要国が集まる会議では英語が公用語として使われており、医学論文や学術論文、世界的な研究発表も英語で書かれていることからも、英語が世界的に影響を与えている言語であることが分かるのではないでしょうか。
みんなが英語を学ぶ理由とは?

日本には、数多くの英会話スクールが存在し、学生をはじめビジネスマンなどたくさんの人が英語を勉強しています。では、なぜ多くの人たちが英語を勉強しているのでしょうか? その主な目的を以下でまとめてみました。

・人と人を繋げる架け橋になれるから
英語に限らず外国語を学ぶということは、日本とは異なる文化を持つ人たちと知り合うチャンスが広がります。国際共通語と言われている英語を習得すれば、英語を公用語とする世界の50各国以上の人たちと話しながら、その国の文化に触れることができ、またその国の人たちに日本の文化を伝えられるのです。

・世界の動きを知れる
英語がきちんと理解できれば、日本の新聞やテレビなどで取り上げられることがない世界のニュースや、情勢を知ることができます。さらに、まだ日本語に翻訳されていない最新の情報を得ることも可能になるのです。
自分の知りたい情報を自分から探しにいくことで、より広い視野で世界を見ることができます。

・自己成長ができる
英語を学ぶことで、海外留学や海外赴任のチャンスを得られます。日本から出て、異国の文化の中に身を置くことで、これまで気が付かなかった日本の良さを改めて知れるだけでなく、自分自身の世界観やものの考え方を見直すことで、自己成長することができるでしょう。

・世の中で広く求められる人材になる
英語が話せて、異文化に対する理解の深い人は、これからのグローバル社会で重宝されるはず。求められる人材になるためには、英語を通してその国の価値観や人との関わり方も身に付けていくことが大切です。
国際共通語である英語をマスターすれば、より多くの可能性や新しい発見に出会えるはずです。英語教材などをうまく活用して、ぜひ英語の勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

SALES TOP売れ筋No1はこちら!
  • 初心者用ランキング
    まずはここから始めてみましょう!当サイトがお勧めする、初心者用の英会話教材のランキングです。

    ランキングを見る

  • 話すランキング
    自分の口から英語を話せたら、どんなにいいでしょう。世界中の人たちと話せるようになりませんか?話す事に特化した英会話教材ランキングはこちら。

    ランキングを見る

  • 聞くランキング
    ネイティブな英語を聞いてみましょう!海外の映画やゲームを字幕なしで楽しめたら素敵ですよね。聞く事に特化した英会話教材ランキングはこちら。

    ランキングを見る

  • 子供用ランキング
    小さいうちから英語に触れさせて、英語を身近なものにしましょう!英会話教材なら、こんな価格で英語を学習できます。子供用ランキングはこちらです。

    ランキングを見る

英会話コラムColumn
体験レポート

リピーターさんのご参加や、多くの参加者の方にご紹介頂いています。